​雨漏りでお困りな方ご相談ください!

雨漏り

は早急な対応が必要です!

​天井や壁の不気味な雨染み

​雨漏りには2つのパターンがあります。

​パターン1

台風などの暴風で即座にお住まいに

雨水が侵入してくる。

​パターン2

​天井や壁が変色して突然水滴が

​落ちてくる。

​このパターン2は何か月も前から雨漏りが続いていて

​天井や壁の内部が酷い状態になっている可能性が高いです。

こんな症状 ありませんか?

​コーキングや外壁が劣化してヒビ割れ​している

​コーキングの

​外壁と外壁のつなぎ目の部分や窓枠に使用

​ひび割れ

​されているコーキングが劣化し痩せたり

​ひび割れを起こしそこから雨水が侵入してきます

​外壁のクラック(亀裂)からも雨水が侵入します

クラック

​(亀裂)

​長い間雨漏りしないことが多いです。

(横殴りの雨や暴風雨の時だけ雨漏りする場合もあります)

なぜすぐに室内に雨漏りしてこないの?

​屋根や外壁には防水紙が張り巡らされています。この防水紙がシャットアウトしてくれる為、室内にすぐに雨漏りすることが

​ありません。しかし、防水紙が雨水に晒されると劣化していき防水性能が落ちたところを雨水が入り込んで雨漏りしてしまいます。

​雨水の侵入には時間がかかる為気づかないことが多くお住まいに甚大な被害をもたらすこともあります。

​上記の症状にお気づきの場合は早急な対処が必要です。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon